[トップ] [ブログ] [掲示板] [ゲーム] [通販]
SSトップに戻る トップページに戻る






waiting for you

written by 剛久





ビュウ、という音を聞いて、祐一は窓へと近付いた。
ガラス越しの風景は、もはや白としか形容出来ないような、そんな天候だった。

「まったく……わざわざ今日荒れなくても良いのにな」

誰へともなく、祐一は呟く。
窓の外の吹雪に文句を言っても仕方ないが、それでも口からこぼれてしまう。

この日、祐一と栞は、休日という事で二人で出掛ける約束をしていた。
待ち合わせの時間までまだかなりの時間があるとはいえ、この天気を見ると憂鬱になる。

このままだと、今日は中止かもしれないな。
そんな考えが頭を過る。
祐一としても、栞と出掛けるのは楽しみだが、流石にこの天候ではそう考えたくもなった。

「ゆういちー、朝ご飯食べないの?」

そんな名雪の声が聞こえ、祐一はひとまず気持ちを切り替える事にした。
まだ出発までは時間がある。
それまでに、多少でも落ち着いてくれれば、と祐一は願った。




数時間が経ち、幸いな事に天候はかなり回復していた。
今はもう、雪は降っていない。
この分だと、昼までには太陽も拝めるかもしれない、と思った。
とりあえず一安心して、祐一は出掛ける支度を始めた。


ふと、
祐一の中にある一つの情景が浮かんだ。
それも、最悪な部類の。

「まさか、な……」

祐一は即座にその可能性を否定しようとしたが、一度考えてしまったものは、どうしても消えようとはしなかった。
心のどこかで、それを肯定している。
居ても立ってもいられなくなった祐一は、慌てて支度を済まし、水瀬家を後にした。

今日くらいは、栞が定時刻に来てくれるという事を信じて。

流石の栞でも、あの天候で待っているとは考えにくかった。
しかし、万が一という事もある。

『でも、私は待つことは嫌いではないです』

以前、栞はそう言っていた。

『でも…待つことさえできなかった人だっているんですよ』

たしかに、当時の栞はそうだったかもしれない。
でも、今の栞には、今日が終わってもまた明日がある筈だ。
確かに一日は大切だが、その日一日の為に、ずっと前から待っている必要なんて無い。
それに、それで身体を壊したりしては、元も子も無い。


そんな事を漠然と考えながら、目的地へ向かって祐一は走る。





「栞……」

祐一の予感は、的中していた。
その場所に一人佇む、ストールの少女。

「あ、祐一さん……。 早かったですね、まだ待ち合わせ時間まで暫くありますよ」

そう言って笑う栞は、どこか儚げに見えた。
祐一は無言で近付いていく。
そして栞の前に行くと、まず事実を確認しようとした。

「栞。 お前、何時から居た?」
「えっと……ちょっと前からですよ」

祐一は、そっと栞の頭を撫でた。
それに反応して、栞が僅かに首を窄める。

「だったら、この髪についてる氷はなんだ?」
「あ……」
「やっぱり、あの吹雪の中、待ってたんだな……」
「一応、雪は払ったつもりだったんですけど……髪の毛まで凍ってるとは、盲点でした」

勿論、髪の毛が凍る筈はなく、それは髪に付着した雪が体温で溶け、再び凍ったものだった。
だが、それはつまり、雪が降っている時間にこの場所に居た、ということだ。


どうして待っていたのか、という事は、祐一は聞かなかった。
自惚れかもしれないが、その程度の理由などすぐにわかる。
だから代わりに、栞をそっと抱きしめた。

「栞。 こんな事で無理して、身体壊したりしたらどうするんだ」
「えっと、でも……」
「早くから待ってなくたって、俺はきっと来る。 ちゃんと時間通りに居れば良いんだ。 それに、俺だって、出来れば栞と早く会いたいし、長く一緒に居たい」
「祐一さん……」
「だからさ、栞。 無理はするな。 まだ完全に治ったわけじゃないんだし。 栞に倒れられたら、それこそ困るぞ」
「……はい、そうですね……済みません」
「ま、今回はまあ、過ぎた事は仕方ない。 それより、折角待ち合わせ場所に二人揃ったんだから、何処か行かないと損だな」
「あ、はい……。 それもそうですね」

そうして、二人は歩き出した。

「でも、祐一さん。 ああ言ったんですから、今度から遅刻はしませんよね?」
「う……善処する」
「祐一さん、言ったことはしっかり守って下さいねっ」


- Fin -


update:03/04/20
last update:'07/08/21 06:42:46
SSトップに戻る トップページに戻る
[トップ] [ブログ] [掲示板] [ゲーム] [通販]